BLOG

11月は「茶人の正月」と呼ばれています。

炉を開ける「炉開き」

初夏に収穫した茶葉を寝かせていた茶壷から開封する「口切り」

茶道にとって重要でおめでたいことなのです。


この日は先生の作っていただいたおぜんざいを頂きました。

お食事の受け取り方もお稽古です。


お菓子は「猪子餅」をいただきました。

かつては、猪は火に強い生き物なので、火災にならないよう、猪の日に炉開きを行っていました。


お軸 「直心是道場」

お花「コキク、サンキライ(?)」

10月は名残の風炉のお手前でした

この時期だけの細水指

お菓子は、松江の和菓子屋さんのかぼちゃ。

先生のご主人が出張で買ってきてくださったもの。中身もかぼちゃ餡。


お軸「清風萬里の秋」

お花「千紅花火(千日紅)、ヤナギ、コスモス」

10月の体育の日に玉造稲荷神社のだんご茶会に行きました。

その名のとおり、お菓子はお団子。

床に見立てたのは傘、そして、お軸は扇、お花は盛りだくさん


だんご茶会について

玉造稲荷神社のだんご茶会は、豊臣家が大坂城三の丸にあたるこの場所で茶会を催した事にゆかりを持つお茶会です。

玉造稲荷神社の南西には千利休が住み、また古田織部、細川忠興ら茶人も玉造に屋敷を構えていました。当時、玉造清水とよばれた良質の水にも恵まれ、豊臣家、その家臣らが公式、非公式の茶会を楽しんだそうです。(HPより一部抜粋)

台風一過で暑くなりましたね。

信号機が回転していたり、街路樹の倒木が散らばっています。

みなさまご安全に。

8月は、2回とも「洗い茶巾」のお手前

茶巾をしぼる音で涼を感じてもらうお手前とのことで、あらかじめ水の入ったお茶碗を持って入ります


お軸は「滝」

お花は「ほおずき」


お菓子はレモンの「レース寒」と「ひまわり」

それにゆずの干菓子

7月は都合により、1回のみ


非常に暑い夏の午前中のお稽古

色々とイライラもたまっていたけれど、動きやお手前に集中すると忘れることができる


お菓子はレモン氷(寒天) おまけ付き


花は雪柳

夏のお茶会は浴衣でいけるのでいいですね


「ひょうたん」がゆかりの場所でのお茶会。

お運びさせていただきました。

点心もお菓子も「ひょうたん」

公園でピクニックすることになったのでお弁当のほかに茶道具を持ってきて野点しました

友達が作ってくれたタルトをお茶請けにしてのんびり



良いお天気でとても気持ち良かったです